防水工事

施工前:ウレタン防水下地 ポリマーセメント系塗膜防水:施工後

屋上・ベランダ・バルコニーなどの雨水が溜まりやすい場所には、塗装ではなく防水工事が必要です。
下地の傷やひび割れを補修し、防水層を作ることで下層への水の浸入を防止。
より強固に漏水を防ぐことで、建物の資産価値を高めます。
ウレタン塗膜防水・FRP防水・シート防水など、下地や既存の防水層に合わせて適材適所の防水工法をご提案しておりますので、どうぞ安心してご依頼ください。

防水工事の種類
ウレタン塗膜防水
液体状のウレタンゴムを塗ることで、防水層をつくる工法です。
複雑な場所にも簡単に施工でき、繋ぎ目のないキレイな防水層が出来上がります。
ポリマーセメント系塗膜防水
ポリマーセメント系塗膜防水工法は、液体での使用の為凹凸がある部位にも対応可能であり、 完成状態はシームレスなので、つなぎ目がなく美観にも優れ、使用範囲も 幅広く利用できることが特徴です。
FRP防水
FRPとは、ガラス繊維で強化されたプラスチックのこと。
軽量かつ高強度、耐水性に優れていることから、近年大きな注目を集めている防水工法です。
ややコストは高くなりますが、確かな防水層が確立できます。
シート防水
ゴムや塩化ビニルを素材としたシートを下地に貼り付ける工法です。
比較的工期も短く、既存の防水層の形状に関わらず、上から被せて施工可能なため、コストが抑えられます。
アスファルト防水
合成繊維不織布にアスファルトを含ませてコーティングした、シート状の防水材を用いた工法です。
防水工事としての歴史が古く、信頼性の高いこの工法は、防水性能を確保しやすく耐久年数が長いのが特徴です。
外壁防水
マンションなどで外壁の劣化が激しい場合や、定期的な塗り替えが難しい場合、RC造や鉄骨造で外壁塗装面からの雨漏りが発生している場合は、外壁塗装よりも外壁防水がおすすめ◎
外壁防水は一般的な外壁塗装とは塗膜の厚さが全く違い、長期間にわたり外壁を保護することができます。
\ご相談・お見積り無料/
雨漏り補修・屋根工事のことなら、富田林市の株式会社オーエス
【電話】 0721-69-7318
※つながらない場合はこちら:090-7879-1163 (職人直通)
【メール】 こちらのフォームで24時間受付中!≫屋根工事≫ 雨樋工事≫ 建築板金工事≫ 防水工事≫ 住宅リフォーム・外壁塗装など≫

一覧に戻る

▲TOPへ